| メイン |

2011年02月12日

新テーマ【男の居場所は何処にある?】~プロローグ~

当ブログでは、これまでも「家庭の密室化」に対する問題検証、及び答えの探索を行って来ましたが、その主役はいずれも母親と子どもの関係性が主軸となるものでした。

しかし、最近では『イクメン』という言葉が流行語となり、いつの間にやら国家プロジェクトにまで担ぎ上げられたりもしています。
%25E3%2583%2591%25E3%2583%2591%25E3%2581%25AE%25E5%25AD%2590%25E8%2582%25B2%25E3%2581%25A6%25E9%2581%258A%25E3%2581%25B32.jpg

果たして、男にとって『家庭』という空間は居場所となりうるのか?

むしろ、家庭第一の父親に家庭を守ること等できるのか?

はっきりいって、家庭は男にとって「百害あって一利無し 」ではないのか?

皆さん、是非リアルに想像してみて下さい。

育児第一、子育てが趣味です、とにこやかに語り、家の仕事ばかりセッセとこなす旦那さん。。。

パパ友を沢山作り、子育て話に華を咲かせるお父さん。。。

毎日、仕事の状況に関わらず17時きっかりに帰ってしまう同僚が居たら、とてもじゃないけど大事な仕事は任せられない。。。

う~ん

確かに、現在の社会は長期に渡る景気停滞で、仕事量も減少傾向。こうした環境変化から、時間を持て余す男達が増えている側面はあるでしょう。

しかし、だからと言って家庭に収束し、そこに居場所を求める男達が増え続けたら、果たしてこの国・この社会を支える役割は誰が担うのでしょうか?

少し考えただけでも、なにやら不安になってしまうイクメンプロジェクトですが、改めてこの機会に、『男の存在理由』をはっきりさせてしまいましょう!

 にほんブログ村 子育てブログへ

この際、先に答えを言っておきます。

『男は闘争存在』

その闘争存在たる男の存在基盤は、外圧闘争にある。つまり、男の役割は、家庭の外にしかありません。

生殖・育児の場である家庭を守るためには、家庭の外で闘い、安心して子育てのできる環境を守る事。そこにこそ、男の闘争役割があるのです。

訳の解らん価値観に戸惑う前に、明確なる「男の存在理由」を問うてみれば良い。

という事で、シリーズ【男の居場所は何処にある?】では、生物史の歴史にも遡りつつ、集団に於ける男(女)の役割や意識の変遷を歴史的に押えていきます。

そして、闘争存在たる男の存在基盤が、何故ガタガタになってしまったのか?
また、草食化に歯止めを掛け、男達の居場所を改めて見つける事はできるのか?

現代の迷走する男達に捧げる、男の居場所シリーズ、ご期待下さい。

~追求予定テーマ~

シリーズ1:生物に学ぶ雌雄の役割分化
シリーズ2:人類の雌雄分化と人類の弱点
シリーズ3:婚姻制度の転換点 遊牧部族の父系制転換
シリーズ4:男女の対立史 性権力と占有権力のせめぎ合い
シリーズ5:性市場→商品市場の発生と繁殖
シリーズ6:男女同権論はペテンである
シリーズ7:フランスのカップル社会とは?
シリーズ8:危ない!?教育熱心な父親たち
シリーズ9:「男女雇用機会均等法」ってどうなの?
シリーズ10:男女別学 -脳の差という視点で考える-
シリーズ11:仕事をする上で重要な、「男であること」「女であること」。
シリーズ12:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
シリーズ13:半専任・半事業の仕組みと本源集団の再生
シリーズ14:今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
シリーズ15:充足→安定・保守収束に応える実現力が問われている
シリーズ16:次代は共同体の時代!

ちなみに、実際にイクメンって知ってる?と周りの方々に聞いてみました。

・育児休暇を取って子育てを頑張るイケメン? :D
・仕事と育児の両立を目指すメンズ? :lol:
・最高潮の時の顔 :roll:
・育児を手伝う男?でも、嫁さんはその間何してるんだろ? :-(

ん~、やっぱり全然ピンと来ませんね。ごちゃごちゃ言わずに、男は男の役割を担う。きっと、その方が男女共に充足できる環境である事は間違いありませんね。

男女問わず、皆さんの意見もお待ちしてます

■ 注目投稿
闘争と生殖の包摂①

実現論 第一部:前史

投稿者 kawait : 2011年02月12日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2011/02/1161.html/trackback

コメント

すごくおもしろい内容ですね。
家庭こそ原因の発展なんて思いもよりません。でも疑問も生じます。国に対してなんで
批判してだめなんでしょうか?
国って表と裏があって信用する価値はあるのかなー?
男の居場所がないのは、推測ですが
日本人の在籍して、本当は心では
在日や特定の意識を持って侵略しているとしたらどうでしょうか?TVでは50歳や20歳とか
殺人や事故や自殺でかたずけられているような気がします。本当の日本人男性
は誰かと入れ替わっている可能性。
か結婚させなかったり、仕事が特定の
人に居座られる?と思います。
ここでは現実の外圧の目に見える内容
でとても充足ありますが、なんか自分
変でしょうか?
男の役割ってただ闘争したり、
女の人に対して満たすことが大切
なんだろうと思う。
それが目先なのか分かりません。

投稿者 けん : 2011年2月15日 10:44

コメントしてください

*